成長期に充分に身長を伸ばすためには、積極的なアルギニン、カルシウムなどの摂取・補給が不可欠です。

栄養素というのは、特定のものだけを摂取していれば良いというものではなく、いくつかの栄養素の相互作用によってボディーづくりは行われます。

それ故、身長を伸ばす技術のひとつとして、アルギニン以外に積極的に摂取すべき栄養素をご解説します。

「カルシウム」伸びる期の娘に摂らすべき材料として、「牛乳」は長年優先されてきていますが、これは「牛乳=カルシウム=骨に良い」という図式が定着しているからではないでしょうか。

意外に思われる方も少なくないようですが、カルシウムには「身長を伸ばす」影響はないのです。

それにより身長を伸ばす目的でカルシウムのみを多く摂取しても、あまり成果は望みできないと言えるでしょう。

けれども、骨とは20%を満たすコラーゲンの周囲に、70%を満たすカルシウムやリンなどの無機質が付着し、出来上がっています。

それによりカルシウムは「骨の強さ」を左右する働きがあるため、身長を伸ばすための「土台作り」として摂取する事が望まれます。

なお、カルシウムは精神を安定させる作用や心臓・筋肉を正常に働かせる作用、血液を正常な様子にキープする作用、他に多くの健康維持のための作用があります。

「マグネシウム」マグネシウムはカルシウムと共に、骨を強化し精神を安定させる作用があります。

さらに、疲労回復作用、筋肉・神経すり合わせ作用なども持ち、血管を広げて血液を固まらせない作用もあります。

「ビタミンD」ビタミンDは、カルシウムが腸で吸収される率を高め、骨に沈着するのを助ける作用がありま す。

それにより、カルシウムは単体で摂取するのではなく、ビタミンDとともに摂取する事がお薦めされています。

「たんぱく質」アルギニンをはじめ、20種類のアミノ酸が構成し作られているたんぱく質。

3大栄養素のひとつであり、骨や筋肉を育てるほかに、生命維持のための多彩な働きを行います。

理由を言えば、たんぱく質も他にも、発展ホルモンの分泌を促す作用があるためです。

免疫力をあげ、丈夫な体づくりを維持するためには、たんぱく質の摂取が不可欠です。

「亜鉛」亜鉛はたんぱく質の合成を促進させる働きがあります。

それ故、亜鉛が不足すると骨の発展が滞り、免疫力など体パフォーマンスが落ちてしまいます。

必須な栄養素を積極的に摂ってみましょう。

栄養以外で身長を伸ばす方法はこちら⇒http://f7doyz65.ldblog.jp/

この上嶋式という方法はヨガを中心にした身長を伸ばす方法が知ることができます。